デーリィ南日本酪農協同株式会社 自然と健康をお届けします

おいしい天然水 屋久島縄文水

樹齢7千年の縄文杉を育んだ、ピュアな超軟水

 「屋久島縄文水」は、有機物を含まない硬度10の超軟水。特有のまろやかな美味しさは、水の国・日本でも有数の名水といわれるにふさわしいものです。屋久島には樹齢7千年の世界最長寿樹木、胸高廻り16.1mという「縄文杉」がそびえております。この縄文杉を育てた天然の水が「屋久島縄文水」なのです。遥かなる古代に思いをはせて飲む1杯の滋味。この名水にはおいしさだけではなく、自然と歴史のロマンがあります。

渓谷
ラインを流れるペットボトル

「屋久島縄文水」ができるまで

屋久島工場は、屋久島の北端に位置する宮之浦地区に面し、宮之浦川と白谷川の合流地点の一角にあります。敷地は、39,297平方メートルの広さを誇ります。 そのおいしさには昔から定評があった屋久島天然水に注目し、これからのナチュラルウォーターの需要を見越して、1987年に深井戸からの採水による充填工場を新設、『屋久島縄文水』と名付けて発売を開始しました。

日本名水百選に選ばれた「屋久島宮之浦流水」の下流域に当たる当工場の敷地内の一角にある採水場より、地下60メートルから汲み上げた原水を使用し、天然水の製造を行っております。 さらに、5年後の1993年に世界自然遺産に登録されたことで、屋久島縄文水も注目が高まっております。

工場長からのメッセージ

弊社屋久島工場は、森林や川などの素晴らしい自然豊かな環境に囲まれており、空気もおいしく大自然のエネルギーを感じることができます。

日々、生産ラインはもちろん、品質や衛生面の管理などを徹底し、安全で安心な製品をお届けするために「屋久島縄文水」の製造に取り組んでいます。

これからも、より多くのお客様から喜ばれる製品づくりを心掛けていきたいと思っております。

屋久島工場長 森島 誠二

工場長
超軟水