デーリィ南日本酪農協同株式会社 ミルクでつなぐ明日の笑顔

乳性炭酸飲料ブームのルーツになった、シュワッと甘ずっぱいロングセラー。バリエーション追加でさらに快調。多くの地域で人気拡大中です。

スコールは、昭和47年生まれ

 スコールは、昭和46年生まれの昭和47年発売。「乳性炭酸飲料」という新しい飲料が生まれたのは、初代の木之下利夫社長の思いからでした。

 釣りが好きだった木之下社長は、いつも牛乳や炭酸ドリンクなど、たくさんの飲み物を抱えて磯に出かけていました。「牛乳のサイダー割りはできないかな?」と常々考えていましたが、問題は固まってしまうことでした。「のど越しのいい牛乳の入った飲み物は、牛乳嫌いな子どもたちにも飲んでもらえる」との強い思いから、新たな飲料の研究開発が始まりました。
 そして、長い研究を重ねた結果誕生したのが、当時全く新しいカテゴリーだった乳性炭酸飲料「スコール」です。

 スコールは業界の注目を集め、関西へも進出。鹿児島県の与論島で撮影されたポスターが人気となり、どこに貼ってもすぐにはがされてしまうほどでした。

  • 「スコール」トップ
  • 「スコール」という名前